忙しい現代人に青汁はおすすめ。野菜不足解消で健康に!

健康食品のコーナーで、昔から「青汁」は陳列されているものですが、
最近はとても種類が増えてきて、青汁とフルーツを合わせて飲みやすくしたものや
子供用にミルクを入れて飲む用のものなどありますね。
昔の青汁のイメージは「まずい」「にがい」といったマイナスのイメージが多かったのですが
最近はインターネットでもフルーツ青汁が話題ですね。
そのネーミングから、とても飲みやすそうな印象を受けました。
食物繊維など栄養素が手軽に取れて、健康にも良い青汁は、
忙しい現代人にとってはとても便利な飲み物だと思います。


胃腸に非常にいいと進められ最初に飲んだのは、マツモトキヨシで売っている大麦若葉の青汁でした。
その商品を勧められた理由は、分包だと毎日飲むのに高くつくからとの事でした。

味も飲みやすく、サプリメントの錠剤で気になる野菜不足を解消するより、
野菜そのものである青汁の方がいいような気がして、青汁を飲み始める様になりました。
今は少し安全性にも拘り、国産で栄養価が損なわれない様工夫して作られているという、
九州産の大麦若葉の青汁をインターネットで購入し飲んでいます。


わたしの青汁に対してのイメージはまずそう、苦そうとイメージしています。
色が緑で見た目からして苦そうだし飲みたくないと思います。
一方で体によさそう、健康になりそうというイメージもあります。
よく広告などでおいしい、飲みやすいという記事を目にしますが
どうしてもわたしは飲む気にはなれないです。
昔、テレビのCMでまずい、もう1杯!というフレーズでやっていたのが
印象に強いのでそのせいもあると思います。子供ながらに覚えています。


初めて青汁を飲んだのは8年近く前です。
当時は野菜をあまり摂取出来ていなかったので、
青汁は、健康にいいとCMなどでやっていたので飲んでみようと思い飲んでみました。
色は抹茶みたいな色でしたので、美味しそうに見えて先ずはごくっと一口飲んだら、いやはや不味い。
これは飲めた物ではないと思いましたが、我慢して数回飲んでみましたが、不味すぎて止めてしまったのを覚えてます。
今は飲みやすいタイプの青汁もあるみたいなので、飲むならそちらを飲んでみたいとは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です