う~ん、美味しい!もう一杯という口コミが多いみたい。

健康のためにも、美肌のためにも、ダイエットのためにも良いとされる青汁。
あとは、食物繊維が豊富なので、便秘の解消にも効果的なのっだとか。

そこで、
ちょっと青汁というものが気になったので、色々な知人に
青汁の良さを聞いて回りました。やっぱり昔はかなりまずかったようですが、
ここ数年、味に変化があり、飲みやすいと評判になっているらしいのです。

そのあたりが本当なのか、皆さんの口コミや評判、効果などを見ていきましょう。

もっと青汁について詳しく知りたい場合は、すっきりフルーツ青汁の口コミは?効果はあるのか?に書いてあります。
大変参考になりますので、当サイトの口コミを見る前でも後でもよかったらご覧になってみて下さい。

不思議に思った、青汁なのに、なぜ緑?信号機でも赤青黄色ですよね・・・
青汁なのになぜ緑?


はじめての青汁は、それはもう苦くて、後味が生臭くて口から抜ける臭いで気持ちが悪くなるほどでした。
商品名は覚えていませんが、今から15年は前だったと思います。

それからの私は、青汁ブームがこようと、その時の衝撃が忘れられず、
薬局やスーパーで激安セールされていても、素通りでした。

しかし、4、5年前に再び、青汁を飲む事になりました。
母から「本当に抹茶みたいな味で美味しいよ」と勧められ、
初めは断っていましたが、頑固な性格の母。
私は仕方なく飲もうと決意しました。まずは、においから。あれ?特に嫌なにおいがしませんでした。
私は意を決して飲みました。

美味しい!! 本当に抹茶のようで、美味しかったです。

年月が経ち、青汁も華麗なる変化を遂げ、飲みやすくなったそうです。
それからの私は、買い物で新しい青汁を見つけると、飲みたくて飲みたくて。
ストックがなければ買います。
これも母に勧められて飲んでみたおかげです。
ありがとう!おかあさん。


青汁を初めて飲んだのは高校生の頃です。最初はとても抵抗がありましたが、
この量で本当に野菜がとれているのか不安でした。

匂いもきつく、水で溶かしても苦い感じがありました。
ですが、牛乳で溶かして飲むと苦味や匂いも抑えられて、とても飲みやすく美味しかっです。

便秘気味だったのですが、食物繊維が豊富に入ってるので解消されました。
今は野菜の単価が高いので、簡単に野菜が摂取でき値段的にも
良心的な青汁を今も継続して飲んでいます。


私が初めて青汁に出会ったのは小学校5年生の時におばあちゃんに勧められて飲みました。

初めて見た時はとっても苦そうでまずそうと思っていました。

いざ飲んでみるとやはり苦くてあまり美味しいとは思えませんでした。

それから何年か過ぎ18歳の頃、先輩に勧められて注文して飲んでみました。

そうすると昔とは何か違い美味しいと感じました。また、最近ではダイエットや美肌にも
効果的と言われていてすごく女性に優しいドリンクなんだなと今ではそう感じます。

私の場合、フルーツ青汁なども人気ですが一番好きなのは通常の青汁にオリゴ糖や牛乳をたっぷり入れて飲むのが好きです。

オリゴ糖は便秘解消効果があり、なおかつ低カロリーでお砂糖よりも甘いので青汁の苦さとオリゴ糖の甘さがマッチしてすごく美味しく飲めます!

今では毎朝飲んで体重と健康維持をしています。


我が家では家族で青汁を飲んでいます。お風呂上りに寝る前の水分補給として飲みます。
今家にあるのは、ヤクルトの私の青汁です。主人がインターネットで調べて、
国内製造で無農薬にこだわっているところと、成分がすぐれていたため選びました。

飲んだ感じは甘みも苦みはなく、のど越しがすっきりとします。子供たちも平気で飲んでいます。
緑色が濃いので、しっかりと野菜が取れていることが実感できます。
飲んでいるうちに太りにくい体質になりました。


私が青汁を飲んだのは去年の冬でした。最初は野菜ジュースやスムージーを飲んでいましたが、
コンビニに行くといつも青汁が置いてあったのでどんなものかなと思って飲んでみたのがきっかけでした。

青臭さは感じられなくてお茶と牛乳で割ったような味でした。
100円で買えるので安いしコンビニに行けばすぐに買えるので青汁を1回飲んでからは
今もずっと飲んでいます。

ちょっと粉っぽいのは気になりますが、飲みなれると苦にならなくなってきます。

青汁は賛否両論。昔より飲みやすいという口コミが多い。

数年前、生活リズムが乱れて体調不良が続いたときがありました。
そのときに食生活だけでも改善しようと思い、食事で足りない栄養素を補うために青汁を
飲んでみたことがあります。

私が飲んだものは大麦若葉が原料のものです。飲む前にイメージしていたほど飲みづらくは
ありませんでしたが、美味しいとも言えない味でした。水ではなく牛乳に混ぜると
抹茶のような味になり飲みやすかったのでよくそうしていたのを覚えています。

体への効果はというと正直よく分かりません。ですが青汁を飲み始めてから食事の質を
気にするようになったり三食きちんと食べたり、また睡眠にも気を遣うなど色々な面で
意識の変化がありました。

なのでそういった意識の変化という意味では、青汁を飲み始めたことは私にとっては
とても良い意味のあることだったと思っています。


3年前に病気をして以来、缶入りの青汁を定期的に取り寄せて飲んでいました。
味には期待していなかったのですが、予想外に美味しくいただいていました。

しかしドラッグストアで顆粒タイプの青汁が沢山売られるようになり、
一杯あたりの単価がお得なので、こちらに変更してみることにしました。

こちらの方は、身体に良いとクスリだと思えば飲めるという感じの味でした。

薄い抹茶のような感じで粉っぽさがあり、野菜を飲んでいるという感じはあまりありませんでした。
次第に毎日飲まなくなってしまいました。金額的にはお得でしたが、味のせいで続けるのが難しかったです。


今年の夏に宅配サービスで青汁がチラシに載っていたので頼んでみることにしました。
1つ130円でした。コンビニにある方が安いなと思いましたが、
せっかく宅配サービスを頼む事になったので3本家族分頼んでみました。

コンビニに売っている青汁より半分のサイズでちょっと損した気持ちになりました。
飲んだ感想は青臭くて私はちょっと飲みにくかったです。

コンビニの物より濃い味で粉っぽさはありませんでした。
効きそうな感じはありましたがもう買わないと思います。


一年ほど前、青汁の試飲をやっていたので飲んだことがあります。
新商品の青汁ということでしたが、とても飲みやすくてびっくりしました。
まるで緑茶や抹茶といった味でした。

イメージにある飲みにくさや青臭さなどはほとんどありませんでした。
普段のお茶替わりに飲んだり、食事のときでも飲めるのではないかと思いました。

健康維持やダイエットにも効果的という話で、
これなら気軽に取り入れることができそうだと思ったのを覚えています。

ダイエット効果と健康効果が両立!青汁を美味しく飲める方法

数ヶ月前までは、苦い、まずい、飲みにくいという印象の青汁。
ダイエットをしていたときに、あまりの肌荒れに悩み、栄養の偏りが問題だと気付き、
青汁を飲もう!と心に決めました。青汁を水で溶き、恐る恐る口に含むと、
あら?抹茶みたい。飲みやすい?と最初の印象はどこかへ。


それからはヨーグルトに青汁を混ぜたり青汁牛乳割りやお料理にもいれたりアレンジしながら続けています。
1本3gの青汁を1日に2本いただくのがちょうどよかったです。
2日も続けると肌荒れもなくなり、お通じまで改善がありました。


まずい!もういっぱい!
のCMが流行った頃、どれだけまずいのが飲んでみたくなり、購入しました。
私が飲んだ青汁は、全くまずくなかったです。
ちょっと濃い緑茶のような味で、甘味のない抹茶を飲んでいるような感じがしました。
普通にゴクゴク飲めてしまい、まずいという感覚はまるでなかったです。
普通に飲めて、カラダにいいのなら、全然続けられる健康ドリンクだと思います。
ただ、粉を溶かすのが面倒なので、缶やボトルに入ってる方が飲みやすいと思いました。


青汁を最後に飲んだのは4年ほど前、抹茶味の青汁だったと思います。
正直、変に薄甘くて美味しくなかったです。それより前には父が飲んでいた青汁を
ひとくち飲んだことがありますが、青臭い感じがして美味しくはなかったけど
身体にいいものだと思えば続けられると思いました。抹茶味の青汁と比べたら父が
飲んでいたものの方が抵抗なく飲めました。牛乳で割るなど美味しく飲む方法も書いてありましたが、
野菜食べた方がマシだと感じたのでそれ以降は購入していません。


青汁と言うと、苦いというイメージがこびりついています。それは、TVCMによる「苦い、もう一杯」
というフレーズのせいかもしれません。以前はケールの青汁で不味いというイメージばかりでしたが、
今は色々な種類の青汁があり、大麦若葉の青汁などは非常に飲みやすく
なっていることを知りました。たまたま、知人に勧められ飲んでみた所、
イメージが一変。牛乳で割ったりするととても飲みやすく、
今では健康の為毎日とはいきませんが、定期的に飲むようになりました。

忙しい現代人に青汁はおすすめ。野菜不足解消で健康に!

健康食品のコーナーで、昔から「青汁」は陳列されているものですが、
最近はとても種類が増えてきて、青汁とフルーツを合わせて飲みやすくしたものや
子供用にミルクを入れて飲む用のものなどありますね。
昔の青汁のイメージは「まずい」「にがい」といったマイナスのイメージが多かったのですが
最近はインターネットでもフルーツ青汁が話題ですね。
そのネーミングから、とても飲みやすそうな印象を受けました。
食物繊維など栄養素が手軽に取れて、健康にも良い青汁は、
忙しい現代人にとってはとても便利な飲み物だと思います。


胃腸に非常にいいと進められ最初に飲んだのは、マツモトキヨシで売っている大麦若葉の青汁でした。
その商品を勧められた理由は、分包だと毎日飲むのに高くつくからとの事でした。

味も飲みやすく、サプリメントの錠剤で気になる野菜不足を解消するより、
野菜そのものである青汁の方がいいような気がして、青汁を飲み始める様になりました。
今は少し安全性にも拘り、国産で栄養価が損なわれない様工夫して作られているという、
九州産の大麦若葉の青汁をインターネットで購入し飲んでいます。


わたしの青汁に対してのイメージはまずそう、苦そうとイメージしています。
色が緑で見た目からして苦そうだし飲みたくないと思います。
一方で体によさそう、健康になりそうというイメージもあります。
よく広告などでおいしい、飲みやすいという記事を目にしますが
どうしてもわたしは飲む気にはなれないです。
昔、テレビのCMでまずい、もう1杯!というフレーズでやっていたのが
印象に強いのでそのせいもあると思います。子供ながらに覚えています。


初めて青汁を飲んだのは8年近く前です。
当時は野菜をあまり摂取出来ていなかったので、
青汁は、健康にいいとCMなどでやっていたので飲んでみようと思い飲んでみました。
色は抹茶みたいな色でしたので、美味しそうに見えて先ずはごくっと一口飲んだら、いやはや不味い。
これは飲めた物ではないと思いましたが、我慢して数回飲んでみましたが、不味すぎて止めてしまったのを覚えてます。
今は飲みやすいタイプの青汁もあるみたいなので、飲むならそちらを飲んでみたいとは思います。

青汁の値段の高さが…安い店も閉店。長い愛飲者の声も

粉末状の青汁を、2年くらい前、2ヶ月くらいの間、飲んでいました。
以前から青汁には興味がありましたが、毎日飲み続けるとなると少し高価かな、と思っていました。
飲みづらいことは想像出来ていましたし、だったら、
もっと飲みやすい健康食品を買いたいと思って、青汁には手を出さずにいました。
そんなときに、近所にできたドラッグストアで、とある青汁がセール価格で並んでいたのを見つけたんです。
しかも、専用のシェーカー付き。これは!と思って1箱購入しました。
シェーカーに分量の水か牛乳と一緒に混ぜて、朝晩飲んでみました。
思ったほど「まずい!」という感じではなかったですが、それでも苦い!
かなりシェイクしても、口の中に粉末が少し残るような感じがしました。
ただ、しばらく続けて、習慣になってしまえば、そんなに抵抗はなくなると思います。
2ヶ月経過したころに、そのドラッグストアがなんと閉店!
青汁の値引きが響いたのでしょうか……。
かなりたくさん売れていたようなので、経営を圧迫してしまったのかも。
私も、3箱ほど買ったクチなので、申し訳ないことをしてしまった、と思いました。
他のお店で買えばいいのに、何となく罪悪感もあって、青汁はそれっきりになってしまいました。
どんな健康食品でも、3ヶ月くらい続けないと実感できないですよね。
それ以来、お店であの青汁の箱を見かけると、さりげなく値段をチェックする癖が付いてしまいました。


他の方はこんな感じの口コミを教えてくださいました。
10年以上前から青汁を愛飲してます!
やはり初めはまずい!!イメージそのものでしたが、慣れるとなんてことない、むしろ美味しく感じられます。
青汁だけで飲むより、牛乳や豆乳に混ぜて飲むのがおすすめです。
私は豆乳に混ぜて毎朝飲んでいます。イソフラボンも摂れるし女性の方にはとくにおすすめです。
子供達も好きで、牛乳に混ぜて飲んでいます。小さい頃から飲んでいるので嫌がらず、むしろ喜んで飲んでます。
野菜不足を補うのに一番いい方法だと思います。


また、まだ飲んでいないけれど、興味はある・・・という人はこんな感じで口コミしています。
自分の中で青汁とは、昔に青汁のCMをしていたコップに入っている青汁を
一気に飲み干して「あー、まずい。もう一杯。」というイメージです。
子供ながらに観ていて青汁というものは、美味しくないのだろうと思っていて、今でも飲んだことがありません。
昔の青汁は苦くて健康のためじゃないと飲めないと言われていましたが、今の青汁は苦くなくて
飲みやすくなっていると聞いたことがあります。子供用の青汁もあるそうで、1度飲んでみようかと思案中です。